;  カテゴリーから選ぶ
       ファーストチョゴリレンタル
     説明とお問合せフォーム
       婚礼チョゴリレンタル
     古典ペアチョゴリレンタル
     古典女性レンタル
     古典男性レンタル
     お色直しチマチョゴリ
     お色直しタンウィチョゴリ
     お色直しドレスチョゴリ
     ショール付ドレスチョゴリ
     ボレロ付ドレスチョゴリ
     お色直し男性化繊チョゴリ
     お色直し男性シルクチョゴリ
       子供チョゴリレンタル
     男の子レンタル
     女の子レンタル
       一般チョゴリレンタル
     女性化繊レンタル
     女性シルクレンタル
     男性化繊レンタル
     男性シルクレンタル

       フォトスタジオ
     スタジオ撮影
     カメラマン
     ヘアメイク
       ご利用について
     レンタル利用規約
     レンタルの流れ
     個人情報の取扱
       着用について
     採寸方法
     着方(大人女性)
     着方(大人男性)
     着方(女の子・男の子)
     オッコルンの結び方
     髪型・大人女性
     髪型・女の子
       チョゴリの豆知識
     歴史・由来
     衣装のお手入れ
     ノリゲについて
     ピニョについて
     コチについて
     チョッチについて
     婚礼について
     子供のお祝い
       リンクについて
     弊社へのリンクについて
     →レンタル夢工房楽天店
     →韓国雑貨夢市場本店
     →韓国雑貨夢工房楽天店
     →韓国雑貨夢工房ヤフー店
     →夢工房YouTube

 

 チマチョゴリの衣装、ヘアー小物色々知識(ピニョ)

 


チマチョゴリのヘアー小物-ピニョの由来
☆ピニョとは

昔から婦女達が頭につけたヘアー飾りです。
チマチョゴリ・韓服の時に使われる装飾品ヘアーかんざしピニョ。
素材や飾りによって古くには階級分けされたそうです。

朝鮮ヨンジョ王時代に贅沢や派手な装いを禁ずる髮制改革禁止令が下った頃から多く使われたかんざしで、女性のヘアー装飾品として一番多く使われました。

種類は材料にしたがって金・銀・白銅・ノッ鍮・真珠・瓔珞・翡翠・珊瑚・木・竹・角・骨ピニョなどで分けることができます。
またピニョの飾り部分の形態にしたがって龍簪・鳳簪・鴛鴦簪・烏頭簪・魚頭簪・梅竹簪・竹簪・梅鳥簪・竹節簪・年俸睡眠・木蓮簪・木丹簪・石榴簪・加蘭簪・菊花簪・花葉簪・草篭簪・胡桃簪・心睡眠(簪)・豆簪・腕豆簪・a簪・ピニョなどがあります。

朝鮮時代には尊卑貴賎の差別が激しくて、金や珠玉で作られたピニョは上流階級で使われ、庶民層婦女らは木・角・骨などのピニョだけを使いました。
チマチョゴリのヘアー小物-ピニョの付け方
髪の毛は前髪を真ん中分けでまとめ、後ろを固定します。
ピニョはご自宅で、ウイッグを使ってご自身で簡単に取り付けられます。
ピニョは後ろ部分にポイントとして使われるため、後ろの髪も有る程度ボリュームを出さないとバランスが悪くなりご自分の髪だけで固定するにはかなりの技術が必要です。
ピニョは片方に飾りが付いているため、固定をしっかりしないと傾いてしまいとても残念なことになってしまいます。
夢市場のウィッグや、コチ、チョッチをおすすめいたします。


☆ヘアー飾りピニョ-イメージ
ヘアー飾りチョッチ
ピニョには、ウィッグ、コチなども一緒に使っていただくとさらに素敵になります。

なすび型かんざしピニョ
ウィッグは大きさが2種あり別途購入可能です。
この様に水平に右に飾りが来るように挿します。


☆ヘアー飾りコチ-ヘアースタイル-1

髪を結べればウイッグと一緒にご利用可能です。
ウィッグを使ったピニョの付け方をご案内いたします。
ピニョは最後に固定してください。ここでの注意はピニョは垂直になるように固定します。



 

チマチョゴリのヘアー小物-ピニョの種類

☆目で見る昔のピニョ
 


ヨンチャン
竜簪・(ヨンチャン)
A.D.19C

竜頭ピニョはかんざし頭に竜を彫刻した物で、竜柄の象徴は権威と威厳を表した物として宮の中で主に王妃が使った。しかし上流層だけではなく庶人の女性も婚姻の日一日だけは竜首さすことを許容したと言う
サノチャン
珊瑚簪(サノチャン)
A.D.19C

この珊瑚を使ったノリゲは主に夏の時期に使われたものです。
ヨンラクチャン
纓珞簪(ヨンラクチャン)
A.D.19C

宮廷や班家でも使われたピニョで、かんざし中でも特に華やかな飾りで仕上がっている。特徴としてはトルチォルに鳳凰の飾りをつけて動けばそよそよと震える飾りが付いている。
オクチャン
玉簪(オクチャン)
A.D.19C

この玉を使ったノリゲは主に夏の時期に使われたものです。透かした彫りの繊細な作品。
メファチャン
七寶梅竹簪(チルポメチュクチャン)
A.D.19C

このピニョは2月から4月に主に使われたピニョと言う。大きさによって使い分けて使われた。
ピニョ
その他色々な(ピニョ)
A.D.19C

色々なピニョがあります。
カッファチャン
K角簪(フッカッチャン)
A.D.19C

このノリゲは黒い色のピニョで、国喪や父母喪ご主人上にあった御葬式の時にさすかんざしだ。木蓮石榴花を彫刻したり小さな梅や菊を彫り上げした物もある。
フッカッテモチャン
K角玳瑁簪(フッカッテモチャン)
A.D.19C

このノリゲは黒い色のピニョで、父母喪や旦那さんにご不幸があったとき三年間使われたというピニョ。

チマチョゴリのヘアー小物-ピニョの形や季節分け

☆龍(ヨン)チャンのピニョの意味と階級
龍は東洋では高貴で神聖な存在として王室などで沢山使われました。
竜頭ピニョはかんざし頭に竜を彫刻した物で、竜柄の象徴は権威と威厳を表した物として宮の中で主に王妃が使いました。
しかし上流層だけではなく庶人の女性も婚姻の日一日だけは龍の飾りを使うことを許容したと言われています。

☆チマチョゴリや季節によって使い分けたピニョ
ピニョは季節によって使い分けられたとされています。
織込みの金のタンウイには鳳凰や玉モランをさし、書物には10月1日から龍・ヨンチャン2月にはモランチャン4月、8月、9月にはメチュッチャン、モランチャン。夏にはオッチャン、珊瑚チャン。
女性用礼服を着た大きなヘアースタイルには七宝焼の物を使い、金箔のタンウィにはオクポンチャン、オシドリチャンまたはニサヨンチャンを挿しました。
石の玉七宝焼が重い時は金の七宝焼をしても良いとされましたが、原則的には玉七宝焼は若い女性が付け、
金の七宝焼は老年の女性たちがつかったそうです。
チョッチを使ったヘアースタイルには10月から正月までメッキのヨンチャンをさして、2月にはモランチャンや銀のモランチャンでも良いとされた。
5月に白光紗唐衣・タンウイを着る時はミン玉チャン、ヨンチャンを挿したとされます。
ピニョの材料およびデザインでの差は多少あっても季節によった使い方は宮中や一般上流層でもこのような使い方としては似ていたとされています。