;  カテゴリーから選ぶ
       ファーストチョゴリレンタル
     説明とお問合せフォーム
       婚礼チョゴリレンタル
     古典ペアチョゴリレンタル
     古典女性レンタル
     古典男性レンタル
     お色直しチマチョゴリ
     お色直しタンウィチョゴリ
     お色直しドレスチョゴリ
     ショール付ドレスチョゴリ
     ボレロ付ドレスチョゴリ
     お色直し男性化繊チョゴリ
     お色直し男性シルクチョゴリ
       子供チョゴリレンタル
     男の子レンタル
     女の子レンタル
       一般チョゴリレンタル
     女性化繊レンタル
     女性シルクレンタル
     男性化繊レンタル
     男性シルクレンタル

       フォトスタジオ
     スタジオ撮影
     カメラマン
     ヘアメイク
       ご利用について
     レンタル利用規約
     レンタルの流れ
     個人情報の取扱
       着用について
     採寸方法
     着方(大人女性)
     着方(大人男性)
     着方(女の子・男の子)
     オッコルンの結び方
     髪型・大人女性
     髪型・女の子
       チョゴリの豆知識
     歴史・由来
     衣装のお手入れ
     ノリゲについて
     ピニョについて
     コチについて
     チョッチについて
     婚礼について
     子供のお祝い
       リンクについて
     弊社へのリンクについて
     →レンタル夢工房楽天店
     →韓国雑貨夢市場本店
     →韓国雑貨夢工房楽天店
     →韓国雑貨夢工房ヤフー店
     →夢工房YouTube

 

 チマチョゴリ韓服の色々知識


チマチョゴリの意味
☆チマチョゴリとは 韓国固有の民族衣装を意味します。
チマはスカートを意味し、チョゴリは上着を意味する言葉です。
韓国では通常韓服〔ハンボク〕と言います。  
チマチョゴリの語源
☆昔の文献によると〔ユ〕又はシルラ時代には〔ウィレ〕とも呼ばれたそうです。
1420年(世宗 2) 遠景王后(元敬王后) チォンゾンウィ(遷奠儀)に <赤古里> または <短赤古里>と 記録された のが 初めだそうです。
チマチョゴリの始まり
☆コグリョ、ペッチェ、シルラの三国時代から始まったと言われております。
初めてチマチョゴリの痕跡が発見されたのは、コグリョ時代の王と貴族の墓の壁画に有ります。
コグリョでは中国と唐の国から衣装や仏教等の色々な事が伝わり以後、韓国の王とモンゴル族の王妃との婚礼により中国リョンアン時代の衣服が韓国に伝わり、それが現代のチマチョゴリの始まりになったと言われております。

1500年代の出土品
チマチョゴリの魅力
☆チマチョゴリの一番の魅力は曲線や直線がかもし出すラインとバランスの美しさです。
お客様から良くチマチョゴリは体のラインを綺麗に隠してくれる、女性的で美しい衣装だとお聞き致します。
特にすっきりとした首のVラインや袖やチマのやわらかな曲線、チマの胸から裾にかけての優雅な広がり。。。チマチョゴリの魅力は1つ1つのラインの美しさかが総合的に調和されたラインとバランスの魅力だといえるでしょう。。。 

☆そしてもう1つの魅力はその多種多彩な色、配色に有ります。 
お客様から良く色や柄、配色がとても綺麗でドレスは着られないけれどもチマチョゴリを着てみるとドレスとは違い年齢に関係無く着られてとても嬉しいと言うお言葉を頂きます。
生地の色や種類、色の配色をたどるだけでも数百以上にのぼります。
私達が一般のお洋服を選ぶときには着られない色や柄もチョゴリなら素敵に着こなして頂けます。着る方によって御年齢によって、華やかな物、シックな物、ドレッシーな物等、ご自分にあったものをお選び頂けます。

☆そして最後の魅力は着やすさだと言えます。

良くホームページ等のお客様から着つけはどうすればよいのでしょうかという御質問を頂きます。

お客様へのお答えは...御自身で3分有れば着替えられます。

チマは巻きスカート式になっていて締め付けられる感覚も無く自由で動き安く、しかも1着18メーターもの生地を使っていても着ていないくらいに軽く肩のこらない衣装です。 いかがでしょうか.... チマチョゴリに興味を持っていただければ嬉しく思います。

 
チマチョゴリの季節別
チマチョゴリは季節により生地や縫製を変え、より過ごしやすいチョゴリを仕立てたため、いくつかの種類があります。
韓国は緯度的に日本よりも寒い地域になるため、特に昔のチョゴリは冬の防寒のための上着や帽子等 色々な装飾品も豊富です。

☆春・秋のチマチョゴリ 

春・秋---〔キョップチョゴリ〕キョップとはキョプチダの意味で゛重ねるの意味裏地と表地の2重のチョゴリで仕立てたものです。
現代では、季節の温冷も家電製品の普及で室内は一定温度に保たれているため、一般的には1年を通して使われているオーソドックスなチョゴリのスタイルです。
生地は主に木綿や薄い絹等を利用 

☆夏のチマチョゴリ 

夏---〔ホッチョゴリ〕ホッとは゛1つ゛を意味し、1重を意味します。
もうお分かりでしょうか?
そうです。今度は裏地の無い表地のみのチョゴリのことです。 
生地は主に麻や木綿等涼しくで薄い物を利用。 

☆冬のチマチョゴリ

 冬---〔ソンチョゴリ〕 ソンとは゛綿゛を意味します。
韓国、朝鮮半島は日本よりも冬が寒いため、冬には暖かい綿を入れてチョゴリを作りました。

〔ヌビチョゴリ〕 ヌビとは゛刺し子縫い゛を意味します。綿を入れて刺し縫いをしたチョゴリです。
刺し縫いとはもっと解りやすく言うとキルティング状に仕上げることです。

〔サンキョップチョゴリ〕サンキョップとは゛3重゛を意味します。裏地と表地の間にもう1枚生地を挟んで仕上げた3重のチョゴリ生地は主に厚めのシルクや木綿等を利用
  
防寒用に室内着として着られていたぺチャ[ベスト]襟、裏地等に動物の毛を使ったもので昔は男女ともにあったが今は女性用だけ使われています。
チマチョゴリの色の意味
昔チマチョゴリが一般的な洋服として使われていた時代がありました。
ここではそんな時代のチョゴリと色に関した興味深いお話をいたしましょう。。。


韓国では昔から陰陽五行が色々な所で引用されていました。
チマチョゴリの色もけして関りが無いとは言えません。

☆子供や未婚の若い女性のチマチョゴリの色 
子供や、未婚の若い女性は赤いチマにセットンチョゴリ又は黄色いチョゴリを好んで着ました。
 


☆既婚者の女性のチマチョゴリの色
結婚した女性はチョゴリに赤紫色のコルンを付けて既婚者と言うしるしになったと言うことです。
又、青い色の生地を袖の先に付けたら子供を持った母親と言う意味があったそうです。
薄紫や、薄いブルーのチョゴリに藍色のチマを着ていると30〜40歳代の女性と言う年齢まで解ってしまう時代もあったそうです。
その時代には30〜40代の女性がこの色のチマ・チョゴリを好んできたそうです。 
 

☆新郎新婦の母のチマチョゴリの色
それと、新郎のオモニはブルー系のチマチョゴリを、新婦のオモニはピンク系のチマチョゴリを着ると言ういわれも有ります。
ただ、今では個性や好みによりお好みの色やデザインを自由に選んで頂くのが一番好ましいと思います。

 

☆韓国の伝統的な色達

天青色・・・空色を象徴する色

朝鮮時代女人選好色の中で一つで文献によればドゴン翁主が好んで着たタンウイがこの色と記録されている。韓国の染め色のの藍色は‘空の光’,藍色空色’で通用使われて来た。空に対して恭敬の心を持っていた韓国で空色に似ている天青色、藍色は好まれてきた色である。 
 



ネロッセッ・・・丹青色と,珍菜(昔の丹青の色)の一つで中間明度の程よい緑色。

.よく見られる例で石に生えた苔が積もった古風である苔の色を思い浮かべば良いであろう・・・伝統建築物の大梁,垂木などでよく見られる色でもあり壁画の地色でもたくさん使われる。荷葉色と一緒に森を象徴する自然親和的な色でこのごろアパート等にたくさん使われている。 
 




軟豆色・・・淡い豆の色で特に緑豆色を言う。.

緑豆という言葉自体が‘緑(緑色ノック)’と‘豆(豆トゥ)’が合成された漢字語です。
慶尚南道では脱喪する前に殯所におゆを上げるが、小豆の汁はその赤味を霊が嫌やがると言って代わりに緑豆で作ったおかゆを使う風習がある。
緑が陰陽五行上陰に俗し先祖の魂霊が気軽に来て食べることができると信じて板からだと言う。
また緑衣紅裳で上着に緑色を用いて女人たちの服で一番選好度が高かった色でもある。 
 




梔子色・・・アカネ科クチナシの実で染めた、少し赤みのある黄色。赤みの濃淡にはやや幅がある。

古くから先祖たちが服や小品に楽しんで使った代表的な伝統色の一つ。くちなしの実で色を得る。
あかね科に属して主に 9月に採取して日に乾かして黄色の絵具として使われる。
中国では周国以前から梔子を染料で使ったといわれているが、韓国でも織物や紙, 食用色素で使われるなど長年の歴史を持っている。
 
チマチョゴリの歴史
☆チョゴリの形は時代により変化しています。
チョゴリの形色々
目で見る色々な衣装たち・・・
 

ファンリョンポ   王が執務の時着た服 

 チョボッ   王が巨下の接見を受けたときに着た服

イプソングアンポ   王が執務の時着た服 

ファンリョンポ   王が執務の時着た服

ホンリョンポ   王が執務の時着た服

ユンボッ   王が挙動の時着た服

クンボッ   軍服 

シミ   儒者の法服 

ハッチャンィ   徳の高い道士や学者が着た服 

トポ・道服   外出着 

サギュサン   男の子が慣例の前に着た常服 

サンボッ   葬儀の時の喪主のチョゴリ 

チョギ   宮中での皇后と、皇太子妃の法服 

ファロォッ   宮中で王妃が着た大礼服 前面 

ファロォッ   宮中で王妃が着た大礼服 後面 

ホンウォンサン   宮中で着られ階級により色わけされた 時代もあった。黄色は皇后のみが使った色 

チャジョッウォンサン   宮中で着られ階級により色わけされた 時代もあった。赤は王妃のみが使った色 

ノクウォンサン   宮中で着られ階級により色わけされた 時代もあった。緑色はオンジュ翁主の みが使った色 

ノクウォンサン   庶民の婚礼服として使われたウォン サンには金箔が入っていないこの様 な衣装を使ったそうです。 

ノッタンウィ   朝鮮時代後期の宮中の小礼服 

チャンオッ   元々は男性が着た服でしたが女性も 着るようになの朝鮮高貴ではこのよう に頭からかぶって着用した。 

プインボッ   既婚女性の服 

プインボッ   既婚女性の服 

トゥルマギ   冬に着るコート 

キセンボッ   妓女の服 

キセンウェチュルボッ   妓女の外出服 

チョニョボッ   未婚女性の服は赤いチマに黄色いチ
ョゴリ。髪は三つ網にしていました 

古代から続くチョゴリの衣生活の中で使われてきたデザインのパターンによるチョゴリの種類を御紹介致します
 


サンフェジャンチョゴリ   チョゴリにデザインの飾りとして 袖先、脇、コルン等に身ごろと 違う色を縫い合わせた デザインのチョゴリ 
 


パンフェジャンチョゴリ   サンフェジャンでの脇を抜いた 他の部分に身ごろと違う色を 縫い合わせたデザインのチョゴリ 
 
フェジャンチョゴリ   コルン以外を1色にしたチョゴリ を言います。 
チマチョゴリの名称
女性チョゴリの部分別 名称 
 


男性チョゴリの部分別 名称


男性パジの部分別 名称


ポソンの部分別 名称
 
チマチョゴリ模様の意味
[ポンファンムン・鳳凰紋]   おめでたい鳥で一番代表的な鳳凰。徳, 仁, 神, 義, 静を象徴する五色の毛を取り揃えている。鳳凰は中国恩主時代から使われて来た。朝鮮時代には胸背やかんざしなどの装身具にたくさん使われた。
  [ホランイムン・虎紋]   威厳と力, 鋭い足の爪などを事物(邪物)を退けてくれる力があると信じられて来た。虎を山神で思ったし家や大門に虎絵を付け邪気を避け。文官等の胸背にホムンと言う虎のを刺繍を施した。
  [コングジャッムン・孔雀紋]   熱帯地域に住む孔雀をかたどった紋。羽の色が五色なので五行説 (五行説)と関連させて現世にある鳥類の中の(王座)に例えられ吉事がついている鳥とされてきた。またこれを胸背に刺繍すれば成群をまつる忠臣になるという意味があるとされた。
  [ハッムン・鶴紋]   三国時代から使われた鶴紋は鶴の清楚な姿と長生を人の不老長生に比喩して長寿の象徴になって鳳凰紋と一緒に二羽の鶴として対で使われている。虎紋同様文官の胸背等にホムンと言う虎のを刺繍を施した。
  [ホジョップムン・蝴蝶紋]   朝鮮時代庶民層や婦女子たちの愛用したホジョップムンは華やかで美しい形態から女性的感じとともに吉祥の意味を持を持ち家具の金具飾りや女性の飾りノリゲに利用された。花ととも描かれファゾブムンとして用いる場合が多い。
  [ピョンボッムン・こうもり紋]   ピョンボッとはコウモリを示す言葉で朝鮮時代特有の文様です。各種飾り及び日常用品, 家具類などに使われたが単独で使われないでお金(銭)や雲柄とともに使わることが多く男の子を産むという意味の(多男)の象徴でたくさん使われた.
  [ウォナンムン・おしどり紋]   おしどりは雄と雌の仲がとても良くて夫婦愛を象徴する。枕、 布団、婚礼衣装、鏡台、文匣、針箱等の沢山の女性結婚用品や小品に使われた。柳, 太陽, 松, 蓮の葉, 蓮華, 菊とともに用いられる事も多い
  [ヨンムン・竜紋]   竜はおめでたい動物に崇尚され、 (霊獣)の最高と称えられて来た。実存する動物では無いが, 鹿, 蛇, 鯉, 虎,鷹などさまざまな動物を組み合わせた想像の動物で非常に複雑な姿を現わしている。竜紋は王室で使う装身具, 衣服などに沢山使われ王室の威厳を象徴した。
女性チマチョゴリ
 
チマチョゴリ   女性の民族衣装です。 短い上着がチョゴリで下の スカートをチマと呼びます 
 
タンウィチマ   女性の民族衣装です。 長めの上着がタンウィで 下のスカートをチマと呼 びます  
 
短めのトゥルマギ   パジ・チョゴリの上に着 る外出時の上着です。  

トゥルマギ   パジ・チョゴリの上に着
る外出時の上着です。 
 
朝鮮時代婦女子たちが好んで 使ったかんざし。
鳳凰は吉兆の 象徴として特に王室女人にた くさん使われた。現在も飾りとして花嫁や女性に使われている 
 
女性の髪の毛に刺しピニョと 一緒に使うかんざし。現在も 飾りとして花嫁や女性に使 われている 
 
朝鮮時代婦女子たちに使われた代表的装身具.現在もチョゴリの装飾 として扱われています 
 
トゥトゥラッテンギ ファロォ、ウォンサン ,などの衣装に合わ せてファガンやチョ ットリを使って方後 に垂らすリボン。
赤色絹に吉祥文様
を金箔, 銀箔した華
やかな飾りで今も花
嫁の婚礼衣装に使
われています。 
 
ヘ・鞋〔現代ではコッシン〕
作りや色柄により名称や対
象が異なるが独特な形は
現在にも受け継がれている。 
     
男性のパジチョゴリ
 
パジ・チョゴリ  
男性の民族衣装です。 上をチョゴリと呼び、下 のズボンをパジといいます。  
 
チョッキ  
パジ・チョゴリの 上にベストを羽 織ります。  
 
マゴジャ  
パジ・チョゴリの上に ベストを着てその上に 着る上着です。ここま でを一般的な男性チョ ゴリスタイルといいます。 
 
トゥルマギ  
パジ・チョゴリの上 に着る外出時の上 着です。 
 
チェガン・祭冠  
朝鮮朝時代文武百官が制服(祭服)に取り揃えて使う礼帽として使われた。 
 
クンガン・金冠  
朝鮮朝時代文武百官が慶事の際チョボッに合わせて礼帽として使った 
 
サモ・紗帽  
朝鮮朝文武百官の常服に合わせて使った。後に庶民の新郎の帽子として今も使われている 
 
フンリプ・黒笠  
朝鮮朝時代テサブたちが通常礼服に合わせて使われ。後に礼帽として扱われた。 
 
カッテ・角帯  
玉板を付けて飾った物は王皇太子がホンリョンポ等の衣装に合わせて使った。 
 
モックァ・木靴 〔現代ではカプシン〕
朝鮮時代男たちが官服着るときにを時履いた靴。 黒色(羽緞)で作り底には皮と布切れを使った。